無くて七癖(くせ) vs 無くて七施(せ)

無くて七癖(くせ) vs 無くて七施(せ)

無くて七癖、あって四十八癖 という諺があります。
癖がないように見えても少しは持っている、自分では気がつかないけど人から見ればあるということです。
鼻の穴をイジイジさわっている「鼻ホジ」は、他人が見れば不自然です!その指を口にくわえた時はビックリ!です。
眉間にシワを寄せるときは、困ったときやイヤなことを考えている時ですが、その時に鏡を見ることはほとんどないと思います。
小鼻が膨らんだ時は、きっと恐怖や怒りを感じた時、小鼻がヒクヒクしている時は、浮気の弁明や嘘を言っているときです。
自分では気づきませんが、奥さんが知っています。
7つ有るとか無いとかいうよりも、自分で気づいてない癖を他人が知っていると恐いですよ~というコトワザですね。

本題は「無くて七施」の方です。
無財の七施~お金が無くても7つの施し~
① 眼施 →優しい眼差し
② 顔施 →明るい笑顔
③ 言施 →温かい言葉
④ 身施 →身をいとわない行動
⑤ 心施 →真心、心配り
⑥ 床座施 →席を譲る
⑦ 房舎施 →寝床を提供する

いますぐにも実行できますね、これを自然に身につけて毎日行動すれば、周りの人たちは感応してその場が和らぎます。

但し…フリをするのは要注意です!本心からの行動でないと猜疑心を起こされます。

 

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする