アイディア次第で危機を回避

「絶対あきらめない!」
先日、テレビで勇気をもらいました。
日経スペシャル カンブリア宮殿という番組で「絶対あきらめない!鉄道会社」が放映されました。
苦しい鉄道事業を副業でささえたパイオニア「銚子電鉄」の話です。
地方の鉄道事業の経営は苦しく、危機的な状況が続いています。
このピンチを救ったのが当時の経理課長さんのアイデア、平成10年にネット発信(2チャンネル)
「ぬれ煎餅買ってください、電車の修理代が払えないのです!」と、直球で発信したのです。これが奇跡の大ヒット、鉄道ファンなどから15000件の注文が殺到して倒産の危機を回避できたのです!
その後も、「線路の石の缶詰」、「サバイバルカレー」などを発売し、いまでも「売れる物」を探し続けています。
地元の小学生、中学生、高校生、地域住民にとってローカル鉄道は必要不可欠な交通機関であり、なんとか鉄道事業を続けるための努力をしているのです。
「地域を元気に!絶対あきらめない!突破口があると信じる!」そう語る銚子電鉄の社長さんは、2011年の東日本大震災の後、再び危機的な状況の銚子電鉄を立て直すために社長を引き受けたのは、顧問税理士さんでした。

「銚子電鉄ガンバレ」
「鉄道の灯を守り続けてください」
「銚子電鉄がガンバっているから、私もガンバる」
危機的な鉄道会社を励まし続けた人達が本当のヒーローなのではないでしょうか。
自分も含め、いま苦境にある人は大勢います。
絶対あきらめない!
励まし続ける!
いつか再び元気になる

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする